前撮りしよう

乾杯

ここ数年、結婚式を挙げる時、写真を前撮りすることが一般的になってきました。 かつては結婚式の写真と言えば、当日の式、披露宴の合間に撮るものでした。 つまり当日の式や披露宴で着用する衣装で、お色直しの時などの短い時間で撮影していたのです。 しかし、それでは当日に着用する衣装でしか撮影することができません。 また、今はお色直しを少なくしたシンプルな式を行う人も多く、神前式ではなく教会での結婚式を選択する人が半数以上という集計もあります。 ドレスから白無垢や色打掛などの和装へのお色直しはかなり時間がかかるため、教会で結婚式を挙げる人は当日披露宴などでもなかなか和装を着ることができません。 そういった状況から、前撮りを選択する人たちが増えています。前撮りを行うと、当日着ない衣装も着ることができるため、教会式を行う人でも和装をすることができます。

前撮りを行う場合、スタジオで記念写真として撮影をするのではなく、衣装に合った場所でロケーション撮影ができることも大きな利点です。 和装であれば古民家や神社などで雰囲気のある写真を撮ることができます。 また、結婚式の当日に和装をする場合でも、当日とは全く違う着付け、髪型などで雰囲気を変えることで違った衣装であるかのような印象の写真を撮ることも可能です。 たとえば結婚式当日はかつらに角隠しをする場合、前撮りでは洋髪でのアレンジをすると、1着の衣装で2回楽しむことができます。 また、前撮りした写真を結婚式当日にスライドショーで招待客の方に見ていただいたり、ウェルカムボードに使うなど、様々な使い方があります。 最近では当日と合わせてお得に前撮りできるプランなども増えてきているようです。